きん!

 設楽町観光協会
SHITARA TOWN TOURIST ASSOCIATION
のちからと人の営みが調和する
くらしと出会いのまち
ホーム お祭り 体験する 旅館・民宿 お食事処 おみやげ

 >> トップページ >> お祭り >> 清崎の百万遍念仏

 設楽町指定文化財(無形民俗文化財)
 清崎の百万遍念仏
 ◆ 日時  9月5日
 ◆ 時間  午前8時〜午後2時
 ◆ 場所  清崎 毘沙門堂
       設楽町清崎字小野19番地
毘沙門堂清崎 毘沙門堂
※来場者の方の参加できます。
 百万遍念仏

 元弘元年(1331)の大地震の後に疫病が大流行、浄土宗本山の善阿上人が念仏百万遍を唱えたところ、効験があり、後醐醍天皇から百万遍の寺号を賜った事に始まるといいます。以来、先祖追善、報恩感謝、無病息災など、組の共同祈願として、民間で広く行われるようになりました。清崎の百万遍念仏は、明治の廃仏毀釈中断、明治23年毘沙門堂の再建とともに念仏講も復活しました。
 午前8時頃には、組の人たちがぼたもちや菓子などをつめた重箱を持参して毘沙門堂に集まり、供物を捧げます。一同は外陣に輪をつくって座り、「鉦たたき」と「数取り」が横に着座して、大数珠を右に回しながら鉦の拍子で「南無阿彌陀仏」と念仏の唱和が始まります。清崎で行われている百万遍念仏は、略法草修と呼ばれる百万遍で、数珠の一顆を繰るごとに一回の念仏を唱えたこととなり、大数珠が一回りすると、大数珠の顆の数に講員数を乗じた数が、念仏を唱えた回数となります。百万遍の念仏は、講員20人、1,080顆の大数珠で46回まわすことで百万遍となります。休憩や昼食をはさんで午後200分頃まで行われます。

  
大数珠 大数珠

 設楽町観光協会
  お問合せ時間:平日の9:00から17:00
  休業:年末年始12月29日から1月3日まで
 〒441-2301 愛知県北設楽郡設楽町田口字辻前14番地
 TEL:0536-62-1000 FAX:0536-62-1675
 E-mail:kankou-town.shitara@io.ocn.ne.jp

 Copyright©2005 Shitara towntourist association All Rights Reserved