きん!

 設楽町観光協会
SHITARA TOWN TOURIST ASSOCIATION
のちからと人の営みが調和する
くらしと出会いのまち
ホーム お祭り 体験する 旅館・民宿 お食事処 おみやげ

 >> トップページ >> 清水チョウチン祭

     清水のチョウチン祭り
 
   動画は、こちらをから(You Tube)
 
 ◆開催日時 毎年6月30日 午後6時〜9時ごろ
 ◆場  所 津島神社(設楽町西納庫字松下29)(ここをクリックしますと周辺案内図

     ※夕刻18時30分頃ちょうちんに灯がともります。
      頭家から津島神社への奉納行列は20時ごろから始まります。

 ◆アクセス
  ・豊川からインターから国道151号線・257号線で約80分。
   「道の駅アグリステーションなぐら」先 町営バス「清水」バス停すぐ。
  ・名古屋インターから猿投グリーンロード・国道151号線・257号線で約80分。
   「道の駅どんぐりの里いなぶ」から約10分。
 
 津島市の津島本社の祭りを模したもので、牛頭天王に関係する祇園祭です。この祭りは奥三河各地でごく一般的に行われていましたが、清水津島神社のように盛大かつ伝統そのままに継承されているのは珍しいことです。昔、悪疫が流行した時、村が三軒になってもチョウチン祭りは続けると津島様に祈願してあるからだといいます。祭り当日の朝、氏子は屋台組と神社組に分かれて準備に取りかかります。屋台組は頭屋でチョウチンの紐付け、幣束やヤナギと称する縁起物の作成など行った後、女性が作った肴で会食し、いったん解散となります。一方、神社組は神社の清掃や境内の草取り、注連縄の取り替えなどを済ませた後、重箱を肴に清酒で喉を潤し、解散となります。夜、氏子は再び集まります。屋台組みは神社でもらった神火を火種として240張りにおよぶチョウチンのローソクに火を灯していきます。神社でも奉納チョウチン150余に火が入れられ、祭事の後、参拝者に分配されます。やがて屋台が、笛太鼓の打ち囃しとともに子供らによって頭屋から神社まで曳かれ、打ち囃しの奉納が終わると祭りのハイライト、チョウチン取り。見物人は我先にと奪い合い、ヤナギやチョウチンを手に三々五々家路につきます。それらは「夏病みしない」といって戸間口に飾られます。

 設楽町観光協会
  お問合せ時間:平日の9:00から17:00
  休業:年末年始12月29日から1月3日まで
〒441-2301 愛知県北設楽郡設楽町田口字辻前14番地
 TEL:0536-62-1000 FAX:0536-62-1675
 E-mail:kankou-town.shitara@io.ocn.ne.jp

 Copyright©2005 Shitara towntourist association All Rights Reserved